好きなものを好きだと好きに発信するサイト
熊本地震体験記

熊本地震体験記④ 避難生活でおいしかった缶詰パンとおススメ避難グッズを紹介します

こんにちは。つづくです。

お久しぶりの地震体験記です!

熊本地震体験記①
熊本地震体験記②
熊本地震体験記③

今日は避難生活で知った缶詰パンや避難グッズの事を書きますね。

注:私は地震や防災の専門家ではありません。以下の記事はあくまでも無知な一般人の私の体験と主観です。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

それでは、つづくの続きをどうぞ。

避難生活でおいしかった缶詰のパン

缶詰のパン、みなさん知ってますか?

私は全く知りませんでした。これは友人が送ってくれたのですが本当に美味しい!!

ビックリしました!

缶詰を開けると本当にかわいいパンが入っています。

食感は、エアリーなフワフワな感じではなく、しっかり重い詰まった感じのパンです。

パンは消化も早く腹持ちが悪いイメージですがこれはしっかり食べごたえがありました。

でも、水分を取られるので必ず飲み物と一緒に食べたほうが良いです。

特に、高齢者や幼児は少しずつ食べるといいかと思います。

本当に避難じゃなくても食べたい素晴らしいパンと出会いました!

ボローニャも有名です!

贈答品としてもおススメの缶詰のパン!

もし、誰かにちょっとしたお礼をしたいと思ったとき。

なかなか品物が決まらず頭を抱えるなら非常食の缶詰パンは絶対におススメです!

私も関東に住む支援をしてくれた友人にお礼で送りました。

賞味期限も長く、味も良いです!

非常用飲料水袋(背負い式)

これは絶対に準備するべきです!

もちろん、災害用にペットボトルで3日分とかすでに準備されてる人もいるかと思います。

それでも3日経っても水が出なかったり準備していた水がなくなる場合も想定しなければいけません。

そんな時、給水車に並ぶことになりますよね?

実は私が近くの小学校に避難して初日から(給水車が到着してから)並んだのですが非常用飲料水袋が足りなくて水がもらえなかったのです。

その後、次に来た給水車で非常用飲料水袋はもらえました。

しかし数日後、初めて給水車に並ぶご夫婦に非常用飲料水袋が無くて、そのご夫婦は水がもらえなかったのです。

給水車も複数回到着すると並ぶ人は袋を持ってるのが当然という雰囲気になり初日より袋の準備が行き届かない場合もあるようです。

自宅で準備するのはペットボトル2リットルを数本が限界じゃないでしょうか。

ペットボトルじゃ給水車で水をもらうことは出来ません(注ぎ口がせまいので)。

そのご夫婦は避難の水の準備があったんだと思います。しかし数日後なくなったので初めて給水車に並んだら袋が無かったのです。

これは結構精神的なダメージが大きいので必ず準備してください!

そして背負い式のほうが良いです!

私は腰のヘルニアの持病があって、私がもらった非常用飲料水袋は手に持つタイプだったので(10L)体のバランスをとるのが本当に大変でした。

折り畳みキャリーカート

これは、水を運ぶためのものです。

家族が多いと、準備しなきゃいけない水も大量になります。それを持って歩いて行ったり来たりは本当に大変です!

キャリーカートがあればどんなにっっっ(><)と痛感しました。

非常用の飲料水用ポリタンクをすでに準備していてキャリーカートの準備が無い方はぜひ準備されてください。

ちなみに、私は嵩張らない袋タイプのほうが場所を取らないので良いと思います。

避難生活は疲労が溜まる一方です。

最初は体力あると思いますが、だんだん疲れてきます。

男性でも女性でも、体力に自信がある方でも、あったほうが断然良いです!

自分が実際に避難生活で動くことを想定する事

私には夫が居ます。

でも、熊本地震後、夫は毎日出勤していました。

なので私は、家族の水の確保や食料の確保をしなければいけなかったのです。

長女や次女も手伝ってくれましたが、今の自分がどこまでできるか?を想定して準備をすることって本当に大事だなと思ったのです。

家族に男性が居るからと言って、重い水を運んでくれる状況にあるとは限りません!!

しっかり、準備しましょうね(^^)

最後に、この地震体験記について

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます!

※ここからは役立つことは無いのでお時間ある方だけ読んでもらえればと思います

先日、熊本でまた震度6の地震があり、数日後法事で集まった県外の親戚があまりにも避難の準備をしていなかったので今回この記事を書きました。

実は、このブログを開始して初めて記事として書いたのがこの「熊本地震体験記」でした。

当時私は初心者のブログサロンに入っていて、たくさんのご指導をいただきながら体験記③まで書きました。

でも地震の事を書き、そして公開することに大小の葛藤や迷いがあって、のちのち非公開にしてしまいました。

せっかくご指導していただいたのに、サロンの方で読まれてたら本当にすみません。

地震関係の事は別のブログを立ち上げて、そっちに移そうと思ったのです。

上手く言葉にすることができませんが、私たち家族が失ったものは家だけです。

本当に幸いで、怪我もしていません。

そして、全国からたくさんの支援を熊本にいただきました。

ありがたいです。

本当にありがたくてありがたくて、申し訳ない気持ちになってしまうのです。

「恩送り」と言う言葉を友達に教えてもらって、次に誰か困ったらその人たちを支援したら良いんだよ、と言われたので

災害があれば夫と話して出来る範囲で募金だけはするようにしています。

それでも、それでも、足りない気がして、すみません、という気持ちになることがあるのです。

怖い思いをして家を失っただけです。元気です。

お返しとかお礼がどう頑張っても追い付かないのです。

本や言葉や歌詞をこねくり回すのが大好きで、本に没頭するのが幸せな私の内面が見えるこのブログで、支援をした人が嫌な気持ちにならないか?と考えてしまったりするのです。

だけど、法事で集まった私の親戚(大切な人たち)に、「これが要るよ」とか「これも準備して」とか話してるうちに、やっぱり公開しようと思ってきました。

プロフィールにも書いてますが、私の人生のテーマは「こころは自由」です。

いろいろなカテゴリーが混在するサイトになっていくかと思いますが、こころは自由だしブログで何を書こうがそれも私の自由なのかなと。

そんな気持ちに至りました。

そして、ブログを分ける(もう一つ作る)のが思った以上にハードルが高く(><)このサイトがとても気に入ってるので、いろいろ書いていこうと思います。

改めて、熊本地震で募金をしてくださった方、物資の支援をしてくださった方、ボランティアに来てくださった方、心配してくださった方、こころよりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

これからも「つづくの続き」をどうぞよろしくお願いいたします。

つづく