好きなものを好きだと好きに発信するサイト
映画に溺れる

映画「尾崎豊を探して」レビュー「ネタバレのしようがない」感想

つづくです。

これを読んでるあなたは、尾崎豊とどれくらい同じ時間を生きていましたか?

ライブには行けましたか?

私はオザキよりも少し下の世代で

6年生の時に、小学校のベランダでシェリーを歌ったりしてました(^^;)

今回私はこの「尾崎豊を探して」を観て大満足でした。

「尾崎豊を探して」上映期間と料金は?auの割引は?

上映期間 2020年1月3日金~1月16日木
上映劇場 TOHOシネマズ
上映時間 95分
料金 2500円
auの特典 スマートパス・スマートパスプレミアム・ビデオパス会員の方は

1月13日月曜日(祝)の日だけ、1100円

 

「尾崎豊を探して」これは「映画」ですか?

私は実は別の映画の上映時間を調べようとTOHOのサイトにアクセスして

「尾崎豊を探して」を知ったんです。

全く前情報も知らず、上映期間が短かすぎたので翌日映画館に足を運びました。

鑑賞後、、、これは映画と言っていいのだろうか??

疑問がフツフツ。

ストーリーはあるのかもしれないけど、私はわかりませんでした。

なので「ネタバレ」はないと思うんですっっ。

ネタバレのしようがない感想ということでご容赦ください。

「尾崎豊を探して」歌とかライブ映像とか語りとか

上映の中で、尾崎の歌やライブのシーンはあります。

それがガッツリメインではないです(あくまで私の主観)。

オザキがとてもやさしいトーンで語りかけてくるのですが

そちらがメインな気がします。

なので歌やライブ映像を求めての方には少し物足りないかもしれないです。

私は、オザキの映像といえば

まず水になぜか濡れて

何かを叫んだり、絶叫したり、

汗だくだくで歌ってたり

激しいライブの彼ばかり頭に浮かぶのですが

(もちろんそういう映像もあります)

今回は、本当に静かに語りかけているのです。

じっとまっすぐ私を見て!(笑)

それがもう本当に私には新鮮で。

楽屋とか、裏側のオザキがたくさんみれるし

目玉焼きを焼いていたりとか!

本当に素のかわいい少年らしさや

ご両親と写真を撮るところとか

とっても貴重な映像で見たことがなかったのですべて

心から嬉しかったです。

「尾崎豊を探して」すべての映像に撮った時期の記載があるわけじゃない

上映中、ライブの映像やオザキの映像すべてに撮った日の記載が少しでもあれば

私にはわかりやすかったのですが

初ライブの、あの!新宿ルイードは1984年と表示があって

でもそれは私も知ってたので、私の知らないオザキの映像にも日付があったらなぁと。

残念。

「尾崎豊を探して」この映画タイトルに思うこと

尾崎豊を探して

このタイトル、、、、。

ズルいですね。ズルいなぁズルいなぁああああああズルいなぁ。

「尾崎豊」は探して、さて、いるのでしょうか。

こころの中に??

こころの中にはもちろん居ますよ。

この映画の中で、知らなかった尾崎豊を探して、なのか。

尾崎豊を探して、この映画に見つかったオザキを詰め込んだ、のか。

Twitterでも「私のオザキは見つからなかった」とか多く見ました(^^)

「尾崎豊を探して」普段のオザキがいた

私は普通の、普段の、落ち着いたトーンで普通に話すオザキをあまり知らなかったので

こんなに長く彼の独り言のようなつぶやきを観れることに

本当にうれしい気持ちでした。

あと「街の風景」が別の曲かな?と思うような

あんなアレンジを聞いたことがなかったので

ほんとにビックリしたんですよね。

私は小学生のころからオザキが好きになり

中学生でガッツリはまって本当に大好きだったので

1987年彼が逮捕されたときは

思春期特有の、本気で、裏切りと失望を初めて味わい

大嫌いになったのです。

嘘つきだと声に出して泣いて泣いて(^^;)

その時はオザキだけがこころのよりどころだったので

物を投げたり壁を蹴ったり、そういうことを初めて

したい衝動にかられたのをはっきり覚えています。

(しなかったけど)

それでもCDや本は捨てることはできなかった。

オザキの曲は割と初期からのほうが好きで聞いていて

後半のほうは知らない曲もあります。

だけど、この映画に流れる曲はすべて知っていたので

まさに私にはぴったりの内容でした。

いろいろな時を経て

今でも私は彼が大好きです。

私はもうライブにはいけないということ

この映画、普通に観ると料金は2500円です。

高いですか?高いですよねっっ。

私は、それでもやっぱり観ました。

もう私はオザキのライブに行くことはできないから。

一度でいいから、同じ空間を共有し生歌を聴いてみたかった。

やっぱり声がいいなあ。

顔もいいなぁ。

なんて。

今では私はオザキの年齢をとうにこして

かーなーり年上なんですが

オザキを見るとやっぱりお兄さん的な

年上のオザキという印象が今でもあって

オザキを見るとき

私は小学生であり、中学生であり、

高校生なんだなぁと思います。

私が高校生の時にオザキはいなくなってしまいました。

あんなにオザキを見るためだけの空間で、集中させてもらえて

2500円なら安いです。

大きな画面で見ることはもう映画館でしかかないません。

(私の場合)

だから今回の上映も本当に感謝です。

そして、好きな人のライブに行くなら自分も生きてるうちに、だけど

相手も生きてるうちに、ですね。

オザキを思うといつもそう思います。

身長が178センチの男性に会うと

オザキを見上げるとこんな感じなのかなぁと

思ったりします。

かつてのビートチャイルドの映画館上映も過去に

数年前、

1987年8月、熊本のアスペクタであったビートチャイルドの映像も

映画館で上映されました。

それも観に行きました。

岡村靖幸と並んで、本当に、楽しそうに歌う、

もうたまらない映像でした。

そうやって、また映画作ってほしいです。

映画じゃなくても何でもいい。

映画館で上映されるのがいい。

携帯の電源切って真っ暗で、オザキだけを観るだけの時間は

とても贅沢です。

「尾崎豊を探して」観るときの注意!

私が観たのは平日の午後。

お客さんは私を含め、もろ中年層の5人!!

なので映像で流れる歌を、ついつい、一緒に歌ってしまってたんですよ。

そしたら演出で

歌やライブの映像が

ぶちブチ切れます!(笑)

私の歌声だけ、しーんとなった映画館に置いてけぼりになりましたっっ。

お気を付けください!

これを観ると「尾崎豊」しばりで

カラオケに行きたくなります(^^)