好きなものを好きだと好きに発信するサイト
本に溺れる

星野源「そして生活はつづく」名言と【読書感想文】

 

※記事中の””の中の文章は「そして生活はつづく」からの引用です

「そして生活はつづく」私が選んだ名言

「何気ない日常」の中には「何気ない日常」しかない。素晴らしいものなんてない。その中から素晴らしさ、おもしろさを見いだすには、努力と根性がいります。

黙ってても日常は面白くなってはくれない。見つめ直し、向き合って、物事を拡大し新しい解釈を加えて日常を改めて制作していかなきゃならない。

毎日をおもしろくするのは自分自身だし、それをやるには必死にならなきゃ何の意味もない。

つまり、一生懸命生きなきゃ毎日はおもしろくないってことだ。p203

最初の1行だけを「名言」として書こうかとも思ったのですが。

この星野源さんの想い、もう暗唱して毎日朝起きて、もしくは寝る前に唱えたいくらい。

何度も何度も読み返した部分です。

大好きです!!

この203ページの名言にたどり着くまで、いったいどれだけ笑ったでしょうか(´▽`*)

数えきれない面白エピソードは勿体ないのでココには引用できません!

本当に星野源さんのギャップにビックリしますよ~!!

「そして生活はつづく」私の感想

このブログのタイトルと星野源さんの「そして生活はつづく」について

私がこのブログのタイトルを決めたとき。

参考にしたのは当時の朝ドラ「半分、青い」の主題歌だった「アイデア」の歌詞でした。

でもツイッターである方をフォローさせてもらって挨拶のDMを交わした時

「つづくさん、絶対星野源さんのファンですよね?」

と指摘されました。

その方は本当に本物の星野源ファンの方でやり取りの中で

「そして生活はつづく」が出てきました。

その方に比べたら私は「逃げ恥が~」「平匡さんが~」とかいうレベルの、いわゆる「にわか」だったので

敬意を払う気持ちで慌てて「そして生活はつづく」を手に取ったのでした。

星野源さんのイメージが変わった

芸能人(?とひとくくりにするといけないか)のエッセイ本・著書は、本当に久しぶりかなぁ?なんてのんびりと読み始め。

最初は「ぷぷぷ」

次第に「は?( ゚Д゚)」「え??( ゚Д゚)」

それから「うそでしょう~~~~( ;∀;)」という笑いが止まりませんでしたっっ

こ、これがほしのげん??

ほしのげん~~~~?????

例えるならヘレン・ケラーが「水」を「ウォーター!!!!」と

こころから叫ぶ、あの感じです(しかも北島マヤ風)

私は星野源さんの何も?知らなかったのでは( ;∀;)

私、路線は福山雅治さんと同じかと思っていたのです。

イケメンで歌もうまく作詞作曲もできて俳優もできて下ネタもオッケー的な。

とにかく、そんなイメージは爆発して宇宙の塵となりました。

とことんまでその話題ですか?

私はこの本を読む前から星野源さんのファンですが(にわかと言えばにわか)

でも本当になんていうか、、、、すみません星野源さんの本物のファンの方本当に怒らないでくださいね、

ほしのげんってばかなの???( ;∀;)

割と序盤からうすうすこんな気持ちに。

だって子供が大好きな○○○漢字ドリルの「○○○」の話が盛りだくさんなんですよ。

※大事なところなので伏せます

どこまでもつづく、、、つづく、、、、○○○のエピソード。

そんな引出し持ってたんかい!と衝撃でした。

笑いが絶えないのです。

そして生活はつづく、、、たしかに○○○も生活の一部ですね(*_*)

子育てしてる方に勇気を与えられるのでは?

印象的なのは、お母さんです。

星野源さんのお母さんは、星野源さんがどんなにバカな行動しても爆笑するのです。

だからこそ、あんなに音楽の才能が伸びたのではないでしょうか!

真剣にそう思いました。

もう何でも爆笑できる母の大きな愛。

育児に悩んでいる男児のママにぜひおすすめしたい本です!

星野源さんとこの感想文を読んでくれた方へ

ココまでお読みくださってありがとうございました!

そして星野源さん、楽しい本を書いてくださって本当にありがとうございました!!

このブログは「生きる事」を「続ける」と言う意味を込めています。

また「私(つづく)」が終わるまで「続きますように」の願いも込めています。

ヒントをくれてありがとうございます!

「アイデア」の歌詞の記事も書きたいと思いますのでまたお立ち寄りください(^^)

つづくでした。

自分への覚書

この本を知ったきっかけ ツイッターのフォローさせてもらってる方とのDMのやり取り
読んだ時期 2019年11月~12月